スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

アナザーSロール アーツモード雑感

今回はガンナーの新スキルについて書いていこうかと思います。

5月9日に行われた既存クラスのレベルキャップ開放。
それに伴い「アナザーSロールアーツモード」というスキルが追加されました。
前情報では、ガンナーにとっては念願の前方向への範囲攻撃ということもあり、
Fine.としても非常に期待していたスキルでした。

Guスキルツリー
何故か複数あるガンナーツリー。実はこれでも減らしたほうです……

なので、恒例のレベリングもさっくり終わらせて触ってみました。
正直言って、かなりえげつないスキルという雑感です。

【スキルの効果】

ガンナースキル「Sロールアーツ」を強化する効果です。
強化内容としては、「Sロールアーツ」そのものの威力増加に加え範囲攻撃化。
範囲攻撃化に伴い、HSが発生しやすくなっていることが特徴。

対応しているスキル「Sロールアーツ」はPP10消費することで
強めのSロール射撃が行えるという効果で、元々スキルポイント的に厳しいものの
HSを狙える相手にはそれなりのダメージを狙えるスキルでした。

便利ですが相手が限られていて習得優先順位が低いという位置付け。
そんなスキルに対するテコ入れがこの「アナザーSロールアーツモード」です。
それなりのダメージが強化された上に範囲化したらどうなるのか……
結果、かなり強い攻撃手段と化しました。
なお、モードとありますが切替式でもなく純粋な上位互換となります。

具体的にどのくらいの性能なのかは実際の確認結果をどうぞ。

威力確認
中々範囲も広いように見えます。

まずはダメージから見ていきましょう。

画像を撮影した際のバフはシフタドリンクのみ、武器はデュアルバードです。

PAの威力としては大したダメージには見えません。
ですが、この攻撃はPP消費が低くなおかつ命中時にPPが回復する攻撃です。
また、合計3回射撃のため対象に与えるダメージは表示の3倍ほど。
奥の敵にはしっかり3発入っていることが確認できます。

この行動をステップアタックと似たような感覚で行うことが可能です。

範囲A
思った以上に広かったです。

攻撃範囲の確認のため、上から撮影してみました。
かなりの広範囲で、奥行きはそれほどありませんが横方向に広めの範囲です。
少しでも後方に居る対象には当たらないようです。

範囲C
ついでに少し硬めの対象に撃ち込んでみました。

こうしてみると、ダメージの発生量の多さがよく分かります。威力的には
ヘッドショットしても非弱点に対する「リバースタップ」の総火力には届きませんが、
Sロール中の行動なので攻撃の発生の速さは段違いです。

20180511 041159
幻惑の森でも大活躍です。

このスキルはXH帯でも十分通用するほどの性能を持ち、
ガンナーの対雑魚処理を大きく変えうるスキルだと予想されます。ガンナーは
元々総火力と瞬間火力のバランスが良く、良好な機動力を持つ一方で
動きが緩慢だったのですが……この問題が解消されたのです。

個人的には、スキルの強さに関しては非の打ち所がないという感想です。

【問題点】

スキルの単体で見ればこのスキルは非常に強烈なスキルです。

レベル85を満たした際には必ず利用したいスキルとなりますが、
一方でスキルポイントを圧迫するスキルでもあります。ガンナーのスキルツリーは
アップデートやレベルキャップ解放を重ね、満遍なくスキルを習得できる
ツリーになっていましたが、ここが崩れる形になります。

このスキルを効果的に扱い、なおかつ倍率系スキルを取り切るように
スキルを習得する場合、ダメージに直接影響しないスキルを削る必要があります。

削るべきスキルポイントは概ね10ポイント。

個人的には「アタックPPリストレイト」未習得にしたツリーが
最もロスが少ないと考えますが、この辺りは人によって考えが違いますから多くの
ガンナーの頭を悩ませることになるかと思います。

また、操作方法にもよるのですが従来に操作に「Sロールアーツ」を
加えることで操作がより複雑化する場合があります。多くの場面で「Sロールアーツ」を
使用するはずなので、慣れるまでは誤操作に苦労するのではないでしょうか。

【アナザーSロールアーツの凄い所】

・消費PP10で広範囲のエネミーを処理できる。
・範囲攻撃かつ命中時にPPが回復するため、殲滅とPP回収を兼ねる。
・PA扱いではないため、チェイン数を稼ぐ用途でも使用できる。
・チェインの貼り付けが可能で、範囲化に伴い部位の吸い込みを利用して
 貼り付けがシビアだった一部のロックオン不可弱点にチェインが貼れるように。
・Sロールで通り過ぎるだけで生半可な小型エネミーが溶けていく。
・威力と発生速度のバランスに優れ、雑魚処理が極めて早い。



近づいたり行動の合間にこの威力の攻撃を行えるのは大変お強いと思います。
もちろん範囲化に伴うデメリットも無くはないのですが、メリットの方が多いです。

【まとめ】

「アナザーSロールアーツモード」はこれまでガンナーが苦手としていた
素早い雑魚処理を実現するスキルです。範囲形状も、これまでガンナーにはなかった
前方広範囲のため、使用する場面は分かりやすいかと思います。

寧ろ、PP消費が少なく、前方の雑魚を処理しながらPPを回収できてしまう
という性能から強過ぎではないでしょうか、という心配もしてしまいますが……

ともあれ、今回はこの辺りで。それでは、御機嫌よう。

別窓 | ガンナー | コメント:0
∧top | under∨
<<少し変わったパルチザン考察 | Mad Laboratory | ヒーロー武器の使い分けに関する考察>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| Mad Laboratory |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。