GuHuの憂鬱

今回はガンナーの問題点を書いてみようかと思います。
一度考察として長所短所を書き連ねたのですが、分かり難いですね。

ガンナーは打撃と射撃を使い分ける事によって
近距離で対多数の乱戦を行い、中遠距離射撃も可能なクラスです。
攻める時に攻め、引きながら攻撃を継続。
射程面での柔軟性は強みです。
(似たような職のブレイバーは参照ステの関係で…)

その一方で「不安定な火力」に悩まされるクラスです。
最低ダメージが低いというのが適切でしょう。倍率スキル条件の関係上
ダメージの上下幅が激しく、最低値と最大値で倍以上の差が生じます。
チェインを考慮せずに、です。

一定水準の火力が確保できなかった場合は
強みの多くが失われ、途端に中途半端な存在と化してしまうでしょう。
サポート能力に乏しいガンナーに火力は不可欠です。

十分な最低火力の確保」が急務です。(日本語が不安になる課題です)

射撃特化マグは勿論の事、目的に応じて最適化したツリーは大前提。
武器は火力潜在武器を選び、オプションにも可能な限り射撃力を盛り込むべきです。
各装備に射撃を60盛っても足りない、と個人的には思います。
操作難度の問題もあり、ライト層に厳しいクラスです。
装備面が貧弱な場合、本当に悲惨です。

私としては、対雑魚戦闘における火力は
PA1回で18000ダメージを出す事を基準としています。
最低ラインは多くの小型が1確となる15000、パジギッリを確殺出来る22000以上で及第点。
対中型はツインマシンガンPAであれば2回以内で収まるため割愛。

・リバスタで1ヒットあたり6000ダメージ。(ヒット数3回の場合を考慮)
・インフィで小型を5体倒すとした場合はHSで4000以上。(100%HSは無理です)
・ヒールの打撃部分で7500+10700=18200ダメージ。


上記はGuHuの場合です。
その他PAはモーションが長いか対雑魚に向かない為に割愛します。
この水準のダメージをハイタイム&ギア合計15%(低火力時)の状態で出せれば
対雑魚戦闘で1確狩が安定し快適になるかと思います。

私自身、防具で射撃を390盛ってなお基準値18000を満たせず
時折、火力の物足り無さを感じています。(具体的には10%不足、平均火力では達成)
それなりの装備とスキルでこの有り様ですので、後はチームツリーに頼る事を検討しています。

ネガティブ過ぎる意見という気もしています。
上級者向けのクラスだから仕方ないと言われればそこまでですし。
徐々に趣旨を見失いつつあるのでこの辺りで。
それでは、御機嫌よう。
別窓 | ガンナー | コメント:0
∧top | under∨
<<補足とチラシの裏 | Mad Laboratory | Guの倍率スキルについて>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| Mad Laboratory |