新独極でのファレグ戦における解説

今回は短めの記事になると思います。

エクストリームクエスト「独極訓練:狂想と幻創」
私が所属しているチームでは既に殆どのチームメンバーが踏破を終えて
称号やインヴェイドNT掘りを目的とした周回が活発になっています。

そんな中でどのステージが得意でどのステージが苦手か、
といった話題が出るのですが、どうやらファレグ戦が苦手という意見が多い模様。
Fine.としては一番好きなステージなので少し解説をしようかと思います。
ストーリーよりも幾分楽かと思います、短いですし。

ではでは、解説をしていきましょう。

【ファレグ戦の解説】


楽しいカウンタータイムです。

私が普段どんな倒し方をしているかというと、動画の通りです。

1.地上でレーサーを撃ちながらタリスカウンター
2.ファレグさんがお怒りになったらソードに持ち替え、気弾チャージ
3.チャージ気弾を撃ち込んだあとにタイミングを図ってソードフィニッシュ


とっても単純ですね。

《地上戦》

Hrでのファレグ戦においては地上戦をおすすめします。
理由は空中よりも地上のほうがカウンターチャンスが多くカウンターを行いやすいため。
また、空中戦闘を行う場合は通常視点では視界内に床を捉えきれず、
ダメージ床によってダメージを負う可能性が高いからです。

ファレグは攻撃開始前に何を行うかが分かりやすいエネミーです。
短いステップは攻撃チャンス、その場にしゃがみ込むかセリフの後に攻撃を行います。
どの攻撃を繰り出すかは事前に判別がつき、また一定のパターンに沿って行動します。

《ファレグの行動パターン》

[通常行動]

・ステップ
・高速突進
・スタン弾
・二段蹴り
・サマーソルト
・ホールド攻撃


[締め行動]

・三段高速突進
・踵落とし


[行動例]

・二段高速突進 → スタン弾 → 三段高速突進
・ステップ → スタン弾 → ホールド攻撃 → 踵落とし
・スタン弾 → 二段蹴り → 三段高速突進


ファレグは概ね2~3回の行動を行った後に大きな隙きを伴う行動で締めます。
この一連の行動パターンにおいて、最初から締め行動の三段高速突進を行うことはなく
始動時の高速突進は二段まで。三段高速突進は別の行動から派生します。
また、サマーソルトとホールド攻撃後は踵落としを行います。

このためファレグが何回行動したかを数えることで締め行動を行うかが分かります。
ただし後半はパターンが変わり、三連続の衝撃波のほかスタン弾が2回で1セットとなり
単発の場合は2発目の代わりに二段高速突進を行う場合があります。

その他例外行動はあるとは思いますが、概ねこんな感じです。

《待ち気弾 → ソードフィニッシュ》

ヒーローではおなじみの待ち気弾はファレグ戦においても利用できます。
気弾は長いガードポイントのため安全、そこからヴェイパーオブバレットを数回行い
ヒーロータイムフィニッシュを使用すれば大体削りきれるかと思います。

【まとめ】

ファレグさんは放っておいたら勝手に近づいてきます。
このため、地上で安全な床に居座るように立ち回り安全な床での締め行動を誘発させ
大きな隙きを晒している間に確実に攻撃を行うと良いでしょう。

本日はこのあたりで。それでは、ご機嫌よう。

別窓 | 雑記 | コメント:0
∧top | under∨
<<すごく不穏な上級鑑定金額 | Mad Laboratory | インヴェイドNTのダメージ振れ幅検証>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| Mad Laboratory |