検証:「変素応輪」と「フレイズ・ウィーク」について

件名の通り、今回は検証記事を書こうかと思います。

検証対象はS級特殊能力「変素応輪」と「フレイズ・ウィーク」です。

さて、S級特殊能力実装以降、Fineは「変素応輪」が気になっていました。
残念ながらこの能力は実装からしばらくの間、正常に効果が発生しないようでしたが
修正後、Rリング枠を潰すものの武器1本で全属性をカバーするこの能力って
なかなか便利そうと考え……この能力をアトラに採用してみることにしました。

そして、「変素応輪」を運用した結果、個人的には満足な結果を得たため、
今回の報酬期間にこんな特殊能力を付けてみることにしました。

変素ウィーク
斬られると凄く痛そうな武器ですね。

【能力構成中に生じた疑問】

さて、この能力を付けを考えていたときに生じた疑問は
「フレイズ・ウィーク」は「変素応輪」による属性変化にも適用されるのか、という点。
この問題は、実は分かっていないそうなので検証を行うことにしました。


結論から言いますと、適用されます。


【検証結果】

検証中
検証中の風景。PSEが発生しないことを祈りながらウーダンをぺちぺち。

まず、「変素応輪」と「フレイズ・ウィーク」が同時に適用されるかどうかは
「変素応輪」を付けていないアトラと「変素応輪」を付けているアトラで計測するのが
一番正確なのですが……今回は既に能力付け後なので別の方法にしました。

[検証条件]
1「変素応輪」アトラと同じ属性値の武器で同じエネミーを攻撃する。
2.非弱点属性と弱点属性のダメージを比較し、属性一致時のダメージの伸び率を出す。
3.「変素応輪」アトラで非弱点属性と弱点属性のダメージを計測する。
4.比較用武器と「変素応輪」アトラとのダメージの伸び率を比較する。
5.ダメージはクリティカルダメージで確認する。


上記の条件で、属性不一致と一致時のダメージの伸び率において
比較用武器と「変素応輪」アトラとで変化が生じるかの確認を行ってみました。
なお、その他に変な倍率が余分に適用されていないかを確認するために、
「R/Pキーパー打撃」を装備した時のダメージもそれぞれ計測しています。

《計測結果》

対象:SH探索ウーダン(火・風弱点)
攻撃方法:ソード通常1段目

比較用武器…光属性:9355 打撃キーパーリング装備時:9636...3%差
比較用武器…火属性:9827 打撃キーパーリング装備時:10122...3%差

弱点属性によるダメージ増加:5.04...約5%

変素アトラ…雷属性:10852 打撃キーパーリング装備時:11177...3%差
変素アトラ…火属性:11663
変素アトラ…風属性:11663

弱点属性によるダメージ増加:7.45...約7.5%

変素アトラの属性一致時のダメージが2%ほど余分に伸びていることが確認できました。
検証条件と検証時の状況において他にダメージが変動する要素は見当たらないため、
「フレイズ・ウィーク」が適用されている、と判断できます。

なお、今回の検証に使用した武器はこちらです。

検証に使用したもの

【属性の重要性】

PSO2においての属性という要素は手間の掛かる要素です。
武器の強化と能力付けに費やす労力は少なくなく、そもそも一線級の武器を
各属性分作成するには根気か運が必要。その上、各属性の武器を揃えたとしても
武器パレットの管理という新たな問題が生じます。

また、属性一致武器はエネミーに設定されている弱点がマップによって
エネミーの弱点が統一されていない場合など真価を発揮できない場面も珍しくないため、
労力の割に合わないと言った印象です。

そして、それだけの労力を要する属性の効果はと言うと……
エネミーに設定されている弱点耐性や各マップで発生するPSEに左右されます。
よく見られる弱点耐性値では5%ほどのダメージ増加、アルティメットクエストや
レイドボスにおいては10~15%ほどのダメージ増加を確認しています。
※レイドボスは非弱点属性に対して耐性を持つことが多いから増加値が多めです。

つまり、多くのエネミーに対しては属性の効果は安定せず、レイドボスに
おいては弱点属性が光属性に偏っていますから……光属性が安定という環境。
それ以外の属性の影が薄いというのが現状です。

ちなみに、PSEによるダメージ効果に関しては絶大です。
PSEが上昇するほど目に見えてダメージが増加するのでマップに応じた
属性武器を持ち込むと大幅な火力増加が見込めるのですが……
最近のマップは属性PSEがあまりないのが難点ですね。

この属性が抱えている問題を解決してしまうこの能力は割りと強いと思われます。

なお、この潜在能力は武器に元々付与されている属性を弱点とする
エネミーには無力です。ですが、元々付与されている属性に対してはRリング枠を
潰さなくて済み、S4枠を失うだけで……常に「フレイズ・ウィーク」を
有効活用できることに変わりはありません。


ともあれ、「変素応輪」はあまり人気のないS級特殊能力ですが、
今回の検証結果がみなさまの参考になればと思うFine.でした。

本日はこのあたりで。それでは、ご機嫌よう。

別窓 | 雑記 | コメント:2
∧top | under∨
<<エキスパートマッチングについて思うこと | Mad Laboratory | 第3回ブロガー集会参加レポート>>

この記事のコメント

検証お疲れ様~!
ブーツのテクチャージ属性変更がエレメンタルスタンスに適用されるのと同じ感じでしょうかねぇ。
フォルニスの潜在に関しては武器の元の属性が参照されるみたいですね。(ノ∀`)
2018-03-08 Thu 20:04 | URL | トンテキ #- [内容変更]
>トンテキさん

フレイズ・ウィークの効果はダメージ算出の段階で
効果の適用非適用を判定している……っぽいです、きっと。これは
武器属性が合っていれば常に発生するフォルニス潜在と違い、
適用可否がエネミーの属性耐性に影響されるためでしょう、多分。

フレイズ・ウィークは弱点属性であれば、二種以上において
適用される効果ですから内部では割と面倒な計算をしていそうです。
2018-03-12 Mon 05:56 | URL | Fine. #jVHjcq8A [内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| Mad Laboratory |