【注意喚起】バル武器の問題点について

今回はタイトルの通り、バル武器の欠陥について書こうかと思います。

さて、説明は不要でしょうけど……バル武器とは昨年の12月に実装された
クエスト「壊城に舞う紅き邪竜」と同時に実装された「バルシリーズ」のことです。

この武器の特徴はなんといってもS級特殊能力に対応しており、
アップグレードを行うことで☆14武器と交換することができるという点でしょう。
破損武器とも称され、外見及びフレーバーテキストにおいて


「破損している」


といった意味合いの特徴も持っています。
特にその武器グラフィックは独特で、この外見を好む人も居るかと思います。
ですが、この「破損している」という要素は外見やテキストだけではないのです、
という内容が今回の記事の概要です。

【安くてお手軽でそれなりな☆13武器】

「バルシリーズ」は多くの人が利用している武器でしょう。
主な用途は「アトラシリーズ」へのアップグレードやS級特殊能力の付与なのですが、
この武器、コレクトシートによる最低保証はありませんが、出現率がそれなり
マイショップ出品可能ということもあり、入手が容易な☆13武器でもあります。

武器の性能はというと、破損武器であるにも関わらず「イヴリダシリーズ」などの
EP5実装武器と同水準の高めの攻撃力を持ち、潜在能力は無難な火力潜在であり、
S級特殊能力の付与可能という特徴もあり、悪くない性能をしています。

前述の通り、マイショップにて購入が可能で属性値も上げやすく
価格もお安い傾向にあるため、メインで使っているクラス以外の武器としては
選択肢の一つではないかと思わせる武器です。

そんな素敵な「バルシリーズ」ですが、実は一つ落とし穴がありまして……

「バルシリーズ」には最小ダメージ補正が低い、もしくはありません。

はい……このシリーズ、ダメージの振れ幅が大きいのです。
破損武器ですからね、考えてみれば壊れているのですから仕方ありませんね。
破損武器は本当に壊れていました、というお話でした。

【本当にダメージがブレるの?】

実際にどれだけブレるのか、撮影もしてみました。
攻撃倍率が一定で確認しやすいヒーローマシンガン通常攻撃を使用して
そのままでは中々倒れないニャウさんをサンドバックにしておきました。
かわいそーに。

なお、武器は強化済みの「アトララッダ」と天然物の「バルラッダ」です。
もちろん、クリティカル時のダメージに影響する能力はない状態での確認です。
まず問題ないでしょうけど、☆14であるアトラシリーズも確認できて一石二鳥。

まずはバル武器です。

バル武器その1


ダメージ79~89と威力の割にダメージ10ほどの振れ幅を確認できます。

バル武器その2

更にニャウさんを撃ち続けた所、最低ダメージと最大ダメージを確認できました。
最低ダメージは77、クリティカルにより最大ダメージは90であることを確認。
最大ダメージ90に対して振れ幅13は割りと大きいですね。

次はアトラ武器です。

アトラ武器その1

はい、安定しています。最終的に133も見えたため、133~138という結果に。
振れ幅は5と小さく、しっかりとレア武器特有の最小ダメージ補正を確認できました。

【結論】

今回はツインマシンガンと、画像はありませんがツインダガーも同様の結果で
「バルシリーズ」には最小ダメージ補正に問題があることが分かりました。他の武器には
最小ダメージ補正がある、とは考えにくいですね。

つまり「バルシリーズ」は正真正銘の破損武器だったというわけです。
なお、こういった最小ダメージ補正に問題のある☆13武器はバル武器の他にも
「インヴェイドシリーズ」というものがありまして、このシリーズも意図して
このような性能に設定されているようです。

まあ、その……破損武器ですから。

しかし、「バルシリーズ」はS級特殊能力に対応していることもあり、
クラススキルやスキルリングに加えてS級特殊能力でクリティカル率を補うことで
この欠点を補うことも出来るため、必ずしも産廃というわけではありません。

お手軽でそこそこの性能をしていることには変わりないですから、
この武器の見た目が気に入った方は使える物に仕上げるのも悪くないかと思います。
個人的にはバルヴィクトやバルレトラの外見は割りと好きです。

ともあれ、今回は久しぶりに検証もどきの内容となりましたが
本日はこの辺りで。それでは、ご機嫌よう。


【実は……】

クラフト実装時に某所にクラフト品に技量補正ないと注意喚起したの私だったりします。
当時の掲示板にツインマシンガンで実験した内容が残ってるのがその痕跡ですね……
無理して語調を変えて書き込んだの懐かしいです

別窓 | 雑記 | コメント:0
∧top | under∨
<<Hr気弾のガードポイントの発生時間について | Mad Laboratory | 緊急メンテナンスでの修正内容について>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| Mad Laboratory |