スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

初手サテライトエイムの可能性

今回は雑魚処理におけるサテライトエイムの有効性に関する考察です。

ツインマシンガンは攻撃の初動が遅い、という問題がこの考察の動機です。
以前にGuはスタイリッシュ職の皮を被ったパワー系などと称しました。その理由は
PAの総ダメージは高いものの攻撃を出しきるまでの時間が長い傾向にあるからです。

他の近接職のようにステップアタックから挙動の短いPAを使用してステップ…
といったサイクルを繰り返して雑魚殲滅することが苦手です。どちらかと言えば最初に
モーションの長い高威力広範囲のPAを使用してから残りを各個撃破になりやすいです。
Guが独特なクラスとなっている要因の一部はこれだと思っています…

まとまって雑魚が出現する場合は後者のほうが効率的ですが
雑魚がまばらに出現する場所では前者の方が向いています。
このため、初動の早い攻撃手段が欲しくなります。

【初動の早い攻撃手段】

ツインマシンガンPAの中には初動の早い攻撃手段がいくつか存在します。
Fine.はそれらをパレットの一段目に採用することが多いです。しかしそのどれもが
何らかの問題を抱えている点が困りもの。

《デッドアプローチ》
威力:弱
長所:ガードポイントがあり確定スタンもあるため安全性が高い。
短所:サブクラスを選び、旋回性は悪く、フロントSロールとの相性が悪いです。


《サテライトエイム》
威力:中
長所:上下判定が強く、瞬間火力・総火力ともに良好。
短所:射程が短く無視できない強度の打ち上げが存在する。


《リバースタップ》
威力:中
長所:吸い込みによる集敵とスタン付与が優秀。
短所:攻撃ヒット数が安定せず、上下の判定が弱く、JAリング発生が遅め。


《ヒールスタッブ》
威力:中~大
長所:攻撃判定が広い上に長射程。
短所:滞空不可、被弾リスクが高い、対空手段としては癖が強い。


概ねこんな感じだと思います。

また、Fineの場合はこれに加えて一部のエネミーへの対処しやすさも重視します。
ミクダ、カルターゴ、ガウォンダ・グウォンダ、セグレズン、ブルメガーラなどです。
裏に回る、非ロックで当てる…などなど倒す際に一手間必要なエネミーです。
これらを安全かつ素早く処理する性能を考慮します。

これを考慮すると更に向き不向きが生じます
デッドはブルメガーラ処理に向きますがゼグレズンとミクダ処理には向かず
リバスタはミクダ処理に便利ですがブルメガーラ処理には向かず
ヒールはゼグレズンとブルメガーラ処理には向きません。

実はこれら全てを無難に処理できるのがサテライトエイムだったりします。

【初手サテライトエイムの可能性】

サテライトエイムは発生の速さと瞬間火力の高さが魅力ですが
上方向への判定の強さもまた大きな特徴です。近接職の対空攻撃手段としては
範囲良し、威力良し、挙動良しのため多くのエネミーに対応可能です。

しかし高性能なサテライトエイムにも大きな短所があります。
それは地上使用時の挙動であり、ダイブロールシュートとの相性が悪い点です。
このためパレット1段目に採用するには扱いにくいPAでした。
そして非JA使用をするには威力も踏み込みも足りません。

この問題がフロントSロールの実装で解消されました。
ステップアタックからのPAのように使用でき、XH帯の小型すら確殺可能な総ダメージ。
挙動の短さから咄嗟に使うのに向いているという長所を活かしやすく。
ウォンダ系に正面からフロントSロール→振り向きサテなどが便利です。

残る問題は打ち上げです。
ブルメガーラ処理ではこの打ち上げがいい方向に作用していたりはしますが
基本的には邪魔です。この問題はバレットスコールに繋ぐことで緩和できます。

これはバレットスコールがエネミーの打ち上げを抑制する効果があるためです。
更にバレットスコール使用後にフロントSロール→サテライトエイムが自然に繋がるため
PA同士での相性が良好です。

また、デッドほどではありませんが使用後のJAリングの発生が早いため
アーツSチャージを習得している場合、サテライトエイム→ヒールスタッブと繋げる
運用も多くの状況で使えるため悪くありません。

打ち上げ防止とパレット圧縮、そして安全性を鑑みれば
サテライトエイム→バレットスコール→ヒールスタッブというパレットが便利でしょう。
近距離にはバレットスコールに繋げ、遠距離には通常→ヒールスタッブと繋げることで
対地・対空・近距離・遠距離をひとつのパレットで対応可能です。

これらを踏まえて、フロントSロールとアーツSチャージを併用している場合
1段目にサテライトエイムを配置するのは割りと実用的と思います。難点を言えば
移動頻度が高い小型エネミーにはサテライトエイムが空振りしやすい点でしょうか。
パレット構成に悩んだら一度お試しください。

なお、射撃PAの多い構成ですが戦闘テンポ重視のパレットになるため、
サブRaには向いているようであまり向いていません、多分。
あとはマルチエリアでの使用は控えたほうが良いとは思います…

長々となりましたし本日はこの辺りで。それでは、御機嫌よう。

別窓 | ガンナー | コメント:0
∧top | under∨
<<インフィニティファイアカスタム雑感 | Mad Laboratory | フロントSロールに関する考察>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| Mad Laboratory |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。