スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ツインマシンガンとは何か

今回はツインマシンガンとは何か
という考察を自分なりにしていこうかと思います。
前置きすると、性能よりも設定面での考察です。

【ツインマシンガン】

アークスに配備されているツインマシンガンは
実銃の分類に当てはめればサブマシンガンに相当します。
簡潔にいえば連射力の高い拳銃です。

使用する弾薬はハンドガンと共通です。
アサルトライフルと比べ、貫通力は低く射程も短いです。
しかし、面制圧力の割に軽量で取り回しが良く、携行性に優れます。

その特徴から射程が問題とならない閉所で真価を発揮します。
閉所では機関銃と遜色ない制圧力を持ち、機動性を損なわないため
近接戦闘に特化していると言えます。

銃が登場する以前の武器に当てはめるならば
ライフルは弓、サブマシンガンは剣や斧、ハンドガンは短剣です。
つまり近接武器に分類されます。

ゲーム内では、近接戦闘に向いた射撃武器となっており
カテゴリーとして妥当です。ハンドガンのようだと言われていますが
そもそもサブマシンガンがハンドガンの延長線上の武器であるため
特に間違ってはおりません。

近距離での瞬間火力の高さは正しくサブマシンガンのそれです。

とはいえ、一度の発射数が控えめなのは否めません。
どうしてこの発射数になったのかという部分を考えてみます。

1.命中精度との兼ね合い

片手持ちのサブマシンガン、それも二挺同時撃ちとは思えない精度です。
射撃は反動を伴うため、連射すれば反動によって命中精度は低下します。
また、銃身の過加熱や機構の損耗といった問題も生じます。

反動を抑えるには銃そのもの重量が大事なのですが
携行性を重視したカテゴリーであるため無理な相談です。
連射速度を調整することでこの問題を解決したのでしょう。

実際に、三点バーストが登場した理由がこれです。
フルオート射撃にはデメリットが多いのです。

2.弾薬の節約

連射性が高いほど、弾薬の消耗速度も早くなります。
サブマシンガンは装弾数に対して連射性が過剰な傾向があり
フルオートでは一瞬で全弾を撃ち尽くすこととなります。

サブマシンガンは単一対象に対してはオーバーキルであり
面制圧では無駄弾を撃つ割合が大きくなる困った武器です。
システム上、弾薬制限も装填モーションもないですが
フルオートの代わりにPP消費を挙げられては困ります。


概ねこの辺りの理由付けかと思います。
システム的には処理が重さやバランス上の観点でしょうけど
好意的に解釈をすればそんなところです。

【なぜ二挺持ちなのか】

「かっこいいじゃん」 by.エミリア・パーシバル

まじめに考えれば、同時発射数増加による攻撃力、制圧力の向上でしょう。
リロードの先延ばしや、片方が動作不良を起こしたさいのスペアかもしれません。
対応力や選択肢の増加にはつながります。

デメリットは命中精度の低下です、普通は当たるほうがおかしいです。
職業のコンセプト的に、外しようのない至近距離での射撃が前提だったり
制圧射撃…弾幕を張る場合は特に問題になりません。

移動射撃時に散々な精度のインフィニティファイアですが
実際にやるとより悲惨な精度となることでしょう。

【なぜ蹴りなのか?】

ツインマシンガンPAには体術、それも足技が多いです。
どれも十分な火力を持つ一方で、銃器とは何だったのか
とたまに思わせるレパートリーです。

「両手が塞がっているから」という身も蓋もない
見解はさておいて、これも弾薬の節約の観点からでしょう。
ガン=カタと同様に見栄えの問題もあるかもしれません。

また、混戦での銃器の使用は誤射の危険性が高いため
それを避けるために格闘能力を付加している可能性もあります。
ガンナーの交戦距離を鑑みれば妥当だと思います。

実際、戦死者の少なくない割合が「フレンドリーファイア」
味方への誤射によるものです。ランチャーPAのゼロディも
実際は爆風による自傷ダメージが酷そうです…


そろそろ飽きてきたので今回はこの辺りで。
それでは、御機嫌よう。
別窓 | 雑記 | コメント:0
∧top | under∨
<<イデアル完成 | Mad Laboratory | イデアルトリガーとチームでチャレ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| Mad Laboratory |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。