ファントムギアの蓄積について

今回はタイトルの通り、ファントムギアに関する記事となります。

ファントムが実装されてから1ヶ月以上経過した今でも
ファントムギアに関する情報は少ないです。実際にファントム武器を触った所、
武器によってファントムギアの蓄積具合に少なくない差を感じましたので
実際に大雑把な調査を行ってみました。

実験中
今回は威力が低いシフトシュトラーフェを主に使用して確認しています。

なお、元々個人のメモ書き程度の調査内容ですから
確認方法や確認できたデータはファントムライフルがメインとなっております。
後述の理由によりライフルがギア稼ぎに向いているという理由も。

ともあれ、まだまだ謎の多いファントムギアについて書いていきましょう。

【ファントムギアの基礎情報】

・特定の攻撃を命中することでギアが蓄積されていく
・通常攻撃、ステップアタック、PA、テクニックがギア蓄積値が存在する攻撃手段
・ヒーローギアのようなボスエネミーへの蓄積量ボーナスは見られない
・一定時間内(約20秒以内)に同一PAを使用するとギア蓄積値に減衰が発生する
・ファントムPAの通常版とシフト版はそれぞれ別PAとして扱われる
・蓄積値の減衰はファントムマーカー起爆を行うことでリセットされる
・ギアが全体の50%蓄積するとファントムタイムを使用することが出来る
・ファントムタイム中もファントムギアの蓄積が行われる


ファントムギアの仕様はヒーローギアによく似ています。
攻撃行動を行うことでファントムギアが蓄積されていき、特定のPAを短時間の間に
連続使用するとギアの蓄積値に制限が掛かってしまうことから可能であれば
複数種の武器を使用した方が効率よくギアを稼ぐことができます

ヒーローギアとの違いは、ファントムタイム使用時のギア消費量とファントム
マーカー起爆による蓄積値減衰のリセットなどが挙げられます。また、地味な所では
武器アクションによる攻撃を行ってもギア蓄積が発生しない点にも注意です。
ボスエネミーに命中時のボーナスもどうやらないようです。

ファントムギアの蓄積値減衰が発生する時間は使用後から20秒くらいです。
特定の攻撃を使用後、20秒以内に同一攻撃を使用することでギア蓄積量が減少します。
この減衰は、減衰発生後からの使用回数毎に減少量が変化します。
※減衰発生の基準は使用時、時間経過によって減衰量が減ることはないようです。
※1秒後に再使用しても18秒後に再使用しても減衰する量は変わりません。

[ギア蓄積減衰による減少量]

攻撃命中1回目…ギア蓄積量100%
攻撃命中2回目…ギア蓄積量80%
攻撃命中3回目…ギア蓄積量60%
攻撃命中4回目…ギア蓄積量20%
攻撃5回目以降…ギア蓄積量10%


※森林探索においてシフトシュトラーフェを使用した際の計測量です。
※ハルコタンTAでナハトアングリフで計測した際も大きな差は生じませんでした。
※解像度の都合上、正確な数値ではない可能性があります。


このギア減衰量は4回目以降の減少量が大きく設定されており、
同一の攻撃を多用する戦いを行うと極端にファントムギアの蓄積が遅くなります。
なお、シフトPAはギア蓄積においては通常版とは異なるPAとして扱われるため、
通常版とシフト版を併用することで蓄積量減衰を抑えることが可能です。

また、ファントムギアの蓄積量は攻撃方法毎に決まっているようです。
蓄積量が大きい攻撃手段もあれば、蓄積量が低い攻撃手段も確認しています。
このあたりはファントムマーカーの蓄積量と同様です。

なお、今回はファントムライフルのギア蓄積量を確認してきたので記載します。

[ギア蓄積量:ファントムライフル]

ファントムギア最大:必要蓄積量90(蓄積量45でファントムタイム使用可能)

通常攻撃1段目 蓄積量:2.5
通常攻撃2段目 蓄積量:2.5
通常攻撃3段目 蓄積量:3
ステップアタック 蓄積量:3
カウンターショット 蓄積量:3

クーゲルシュトゥルム 蓄積量:5 ※全弾命中時
シフトPA 蓄積量:1/秒 ※連続射撃を約24秒ほど継続時

ナハトアングリフ 蓄積量:10 ※2HIT時
シフトPA 蓄積量:5 ※2HIT時

フェアブレッヒェン 蓄積量:3 ※前後と左右での違いは無さそうです。
シフトPA 蓄積量:2 ※全弾命中時

シュトラーフェ 蓄積量:6 ※4ロック時
シフトPA 蓄積量:2


※これらの数値はナハトアングリフ2HIT時の10を基準にした数値です。
※この蓄積値はハルコタンTAにて小型エネミー6体を巻き込んで命中した際の蓄積値です。
※これは蓄積値の都合上、単体に対する蓄積量の確認が困難なためです。
※このことから、単体に対する蓄積値は上記の表の6分の1となります。
※シフトクーゲルとカウンターショットは単体攻撃のため、実際に表記通りの蓄積量です。


ファントムライフルの場合、特にナハトアングリフのギア蓄積量が高くなっています。
モーション比で言えば、4箇所ロックシュトラーフェのギア蓄積量が良好で、通常攻撃は
ギア蓄積量においてPAと遜色ない数値を持っているようでした。

これらの蓄積量が高いか低いかについては他の武器種との比較を
行ってみましたので、紹介していこうかと思います。条件はハルコタンTAVH、
☆1武器「ライフル」「カタナ」「ロッド」を装備し、攻撃力などの条件を統一。
もちろんマグは技量マグ、装備オプションも揃えています。

この状態で、似たようなクリアタイムとなるように戦って確認を行ってみました。
武器が武器なので大体のクリアタイムは2分程度です。

【確認結果】

ギア確認カタナ
クリアタイムは1分56秒くらいです。

まずはカタナです。

カタナPAは対単体PAと対複数PAが明確に分かれています。
このため、場面場面によって有効なPAが限定されることから減衰が発生しやすいです。
クエストクリアタイムを2分程度に設定した場合、それなりに急ぐ必要もあることから
シフトシュメッターの使用頻度が高くなりましが出来る限り他のPAも混ぜています。

結果は、ファントムタイム必要量に対して半分と少し程度でした。

ギア確認ライフル
クリアタイムは1分42秒くらいです。

続いてライフルですが、カタナの2倍くらいの蓄積値を稼いでいます。

ファントムライフルは攻撃手段が他の武器種に比べて多彩です。
このことからギア蓄積量減衰の影響を受け難く、通常攻撃の使用頻度も
他の武器種よりも多いことがこの差に現れています。

クリア時間はクエストの向き不向きもあり今回確認した武器種の中でも一番短く、
ファントムギアは基本的に戦闘時間が長いほど蓄積量も多くなっていきますから
実際には倍以上のギア蓄積能力の差があるものを思われます。
これは単純にPAの使用回数だったり減衰時間による影響です。

ギア確認ロッド
クリア時間は2分2秒くらいです。

ファントムロッドPAオンリーの確認結果です。

カタナほどではありませんが、ロッドPAもPA毎に使用場面に偏りが出ます。
PAメインの場合、アイゼンフリューゲルをほぼ使わないこともこの偏りの一因です。
クリア時間を他に合わせるためには、やはりある程度偏ったPA選択が必要で
ルーフコンツェルトとフェルカーモルトの使用頻度が高めでした。

私がそれほどロッドに慣れていないこともありますが、ギアの蓄積量は
カタナほど低いわけではないもののライフルに大差を付けられる結果となりました。
また、クリア時間を合わせようと動いてみても他の武器種よりも少し遅いです。

ギア確認ロッドテクニック
テクニックで戦うとカタナよりも速いクリアタイム1分50秒付近に。

なお、ロッドはテクニックメインでの結果も確認してみました。

主にギ・グランツ零式とグランツ、メギドを使用しての戦闘です。
ラ・バータはこのクエストにはあまり向いないのか使うと遅くなったので封印し、
イル・グランツを使う場面も多くなさそうでした。

結果は、ロッドPA以上に攻撃手段が偏ることからギア蓄積量は低く。
特にファントムが使うテクニックはショートチャージの都合上、威力が低下してしまい、
威力を手数で補うといった特徴がギア蓄積量減衰の影響を大きくしています
ギア面での相性の悪さが露呈する形となりました。

[ギア蓄積確認結果]

ギア蓄積結果
上からカタナ、ライフル、ロッドPA、ロッドテクニックです。

こうして確認してみると、ファントムライフルのギア蓄積量は優れているようです。

攻撃範囲の広さ、攻撃の多彩さ、通常攻撃の頻度の高さがその要因で、
PA間の秒間威力の差が少ないという特徴が同一の攻撃手段を連打するといった
状況を少なくしていることが原因かと思われます。

【まとめ】

ファントムギアはヒーローギアによく似た特徴のギアです。
ヒーローギアとの違いが幾つか存在しますが、同じ攻撃を繰り返すといった戦い方は
ギア蓄積の面ではマイナスに作用する点が大きな共通点です。
特にロッドを使用する際には注意する必要があります。

また、ファントムギアの蓄積能力はファントムライフルが特に優れています
これはファントム関連の動画を見ても、ファントムライフルのギア蓄積速度がかなり
速い傾向にあったので大抵の人はそうなるものと思われます。

ともあれ、本日はこの辺りで……それでは御機嫌よう。

別窓 | 雑記 | コメント:3
∧top | under∨
<<ファントム武器の使い分けに関する考察 | Mad Laboratory | ファントムライフルのすゝめ - 実践編>>

この記事のコメント

 ブログおつかれさまです。
 しかし艦隊戦PHのARとシナジー高いですね。
 体感ですが、セクター1で他の武器種だとギア一回分たまらないけれど、ARだときっちり最後の大事な場面で打てる。
 これはかなり大きいし、生身でセクター3の攻撃のときもシフトPA全種大活躍。おまけにギア起爆やフィニッシュを正確に狙える。
 ダッシュで逃げる場面も難なくこなし、AR慣れてくると回避の方法も何種類もある。
 大事な場面でフィニッシュを多く打てて、レゾナントあればその最中に2回以上起爆できる。
 ドットや攻撃を絶え間なく与えて、蓄積させどんどん起爆して、回避からの通常で攻撃を途切れさせない。
 長期戦や乱戦に向いてますね。
2019-06-06 Thu 03:54 | URL | テンパ10603 #S7qNvXQM [内容変更]
テンパ10603さん

艦隊戦のような配置がある程度決まっている場面での
ファントムライフルは有効な選択肢ですね。様々な範囲の攻撃を
出現時に応じて使い分けやすい武器ですから対多数に向いていて、
相手の数が多いほどギアの蓄積も良いので大雑把な計測ですと
ロッドの1.5~2倍程度のギア蓄積速度でした。

対単体となると相性の差が大きく出てしまう武器なので
ライフルでギアを稼いでロッドかカタナで対単体を処理といった
使い分けを行うほど使用する場面が多くなる武器でした。
(HrタリスとHrソードを足して瞬間火力を落とした性能)

レゾナントライフルについてはソーン習得3までなら
マーカー2段階起爆を4回分稼げそうな試算が出たのですが
実際にしてみるのは少し難しいので方法が確立できたらまた
記事なりにしてみようかと思っています。
2019-06-14 Fri 23:57 | URL | フィーネ #jVHjcq8A [内容変更]
 ソーン3で3回はいけるけど、4回? それはすごい。
 楽しみにしてます。
 艦隊戦初期はphのAR軸コアは刀この構成でずっとやってましたが、最近テクターの質とテクター人口が減ってほぼテクターでいくことが多くなりました。
 おそらく質が落ちた原因はスキルで支援が遠距離に届くようになり、pt外の人のバフをかける感覚をわからない人が多いからだと思います。古参ガチテクターは減りましたね。
 それでtephでやってますがこれがなかなか強い。phのロッドテク軸でやるくらいなら、支援のあるtephも選択だと私は思います。
 とまれ起爆4を楽しみにしています。
2019-06-17 Mon 03:14 | URL | テンパ10603 #S7qNvXQM [内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| Mad Laboratory |