ファントムライフルのすゝめ - 基本編

今回はファントムライフルの解説記事となります。

ファントムライフルはファントム武器の中でも情報の少ない武器種です。
理由は単純に「弱い」とされているからだと思われます。

ファントムライフル
射撃武器の中でも特に射撃武器らしい射撃武器です。

確かにファントムライフルの各種PAは瞬間火力的にはパワー不足という
問題はありますが、武器の強弱は瞬間火力だけで決まるものではありません。
私自身、微妙な武器を好む傾向がありますが...ファントムライフルは決して弱い武器ではなく。

そんなファントムライフルについて、細かな計測結果といった
データを交えて解説していこうかと思います。

【ファントムライフルとは】

メインクラスを「ファントム」にした際に使用可能な武器種です。
全体的な特徴は、通常攻撃を始めとした長射程高威力の単発攻撃
ビットを用いた多彩な攻撃手段、優れた回避力と高い機動力を併せ持ち、
汎用性に優れた射撃武器です。

ビット射出
特徴の一つでもあるビット射出...スタイリッシュな方向で洗練されていっています。

その基本性能は殆どの攻撃がヘッドショットしやすく、瞬間着弾攻撃が多く、
PP回収力や機動性も良好等など、従来の射撃武器の欠点の多くを克服しており、
一言で言えば「射撃武器の集大成」と言える優れた挙動が大きな特徴です。
操作が煩雑という点を除けば欠点らしい欠点は少ないです。

【基本性能】

[ダメージ関連データ]

通常攻撃1段目 威力:550、動作時間:40F…秒間威力:825
通常攻撃2段目 威力:560、動作時間:40F…秒間威力:840
通常攻撃3段目 威力:1100、動作時間:60F…秒間威力:1100

ステップアタック 威力:680、動作時間:30F+16F…秒間威力:887

武器アクション 威力:360、動作時間:24F(最短22F)…秒間威力:900

貫通ショット 威力:480、動作時間:70F…秒間威力:411.4

マーカー1段階 威力:566.3
マーカー2段階 威力:2831

クーゲルシュトゥルム 威力:1345、動作時間:90F…秒間威力:896.6
シフトPA 威力:特殊、動作時間:特殊

射撃開始:27F、連射部分:8F毎に1発、派生攻撃:48F、最短終了:52F

連射部分 威力:147.95、動作時間8F…秒間威力:1109.6
最短終了 威力:834、動作時間:52F…秒間威力:962.3(武器アク込:942.6)
1HIT終了 威力:981.95、動作時間:75F…秒間威力:785.5(武器アク込:813.3)
9HIT終了 威力:2165.55、動作時間:139F…秒間威力:934.7(武器アク込:929.6)

ナハトアングリフ 威力:2176、動作時間:100F…秒間威力:1305.6
シフトPA 威力:1218.5、動作時間:74F…秒間威力:987.9(武器アク込:966.4)

フェアブレッヒェン縦方向 威力:860.4、動作時間:48F…秒間威力:1075.5
フェアブレッヒェン横方向 威力:717、動作時間:50F…秒間威力:860.4
シフトPA 威力:473.22、動作時間:22F…秒間威力:1290.6(武器アク込:1086.8)

シュトラーフェ 威力:390、動作時間:30F…秒間威力:780*最大4部位
シフトPA 威力:398、動作時間:20…秒間威力:1194(武器アク込:1033.6)


※撮影環境からフレーム毎の時間が微妙に安定せず、もう少し動作フレームが少ない可能性があります。


ファントムライフルは通常攻撃とステップアタックの威力が優秀で、
総火力もファントム武器の中では高い方です。一方で、全体的に動作時間が
長い行動が多く、瞬間火力においてはかなり平凡な武器種です。

単純な攻撃面では「高威力単発型」という典型的なパワー系。
それ以外の要素では長い射程と優れた攻撃範囲を持ち、各種PAに存在する
無敵時間による回避力と位置調整機能、滞空性能といった挙動面での
性能に優れた武器でもあります。

ファントムライフルの瞬間火力はあまり高くありません。
ファントムカタナやファントムロッドのように短時間にまとまった
ダメージを与えるといった用途には決して向いていません

しかしながら、この武器種がボスのヘイトを取ってしまう事態は良く発生します。

これはファントムライフルの攻撃頻度が他に比べて多いからです。
対象が遠くに離脱するような場面でも、一定のダメージを与えることが可能で、
位置調整という行動を行う際にも何らかの攻撃を行える上に弾速の速さや命中精度の
高さも相まって、アベレージヒッター的な性質を持っているのです。
手数の少なさを攻撃機会の多さで補っている状態。

このことから、特殊ダウンなどの動かない時間が長いボスよりも
頻繁に移動を行ったり、弱点部位がよく動くボスとの戦闘に向いているようです。
また、雑魚処理においては長い射程と範囲の広さ、ヘッドショットの存在から
どの難易度においても苦労することは少ない武器種です。

ファントムライフルは案外多くの場面で有効な武器なのです。

【基本攻撃解説】

《通常攻撃》

貫通確認
縦一列に並んだエネミーの処理に向いています。

長射程かつ貫通性能を伴った高威力の単発射撃攻撃です。
ファントムライフルはファントム武器の中でも特に通常攻撃の性能が高く、
PA並の攻撃力を持つ射撃を行いながらPPの回収を行うことができます。

攻撃範囲確認用
この状態で射撃すると2体に命中する程度の範囲です。

射程距離はロックオン可能距離な限界よりも若干長く、
単体攻撃ではなく攻撃範囲を持つ射撃で、左右の範囲はレンジャーライフルの
「ピアシングシェル」に近い幅、弾速の速さから命中精度も良好です。
ガーディン2体を巻き込み、肩越し視点の照準幅が大まかな横幅

1~2段目の威力も概ね同水準の装備の「ピアシングシェル」相当。
3段目はモーションこそ1.5倍と遅くなるものの、威力は約2倍になるため、
瞬間火力という面においてもファントムライフルの中では優秀です。

一方でファントム武器の中では一回一回の動作時間は長めです。
しかしながら、微妙に長いモーション時間は肩越し視点で使用する際には
プラスに作用しており、弱点を確実に狙撃する分には丁度いい長さです。

背面判定
特に混戦では狙っていなくても背後の敵を良く巻き込みます。

その性能の高さからファントムライフルの主な攻撃手段の一つです。
なお、この攻撃判定は銃口ではなくキャラクターから発生しているようで、
近くのエネミーに密着しつつ遠くを狙撃するといった同時処理が可能です。

《ステップアタック》

通常攻撃とほぼ同様の性質を持った単発射撃です。
射程と範囲形状、対象を貫通するといった性質は変わらず、通常攻撃よりも
威力が増加しており、射撃開始から終了までの時間も短くなっています。

ステップからの使用となることからステップを含めた瞬間火力は
通常攻撃と比べてあまり大きな差はありませんが、通常攻撃1~2段目よりも
モーション時間に対する火力は高く、ステップ回避後の有力な選択肢です。
大幅な位置調整や高度調整を行う際についでの使用に向いています。

《武器アクション》

移動動作を伴いながらビットを射出する回避兼攻撃行動です。
動作時間中は自由な方向に移動することが可能で、モーション終了直前に
着弾が遅いものの誘導性能の高いビットを三基射出します。

この武器アクションは後述の貫通ショットへの移行タイミングがあり、
入力時間が長いと動作時間も長くなり、一方で以降タイミングを移動入力で
キャンセルすることで僅かに動作時間が短くなるなど、全体モーションが
やや不安定という特徴を持っているようでした。
モーション短縮は偶然発生する程度のものです。

射出したビットは射出からやや遅れて追尾を開始し、
キャラクターのロックオン箇所に関係なく追尾開始時点のロック箇所へと
急加速しながら飛んでいきます。ビットの誘導性はかなり高く、誘導開始時に
密着状態になっていた目標に対しても問題なく命中します。

武器アクションの移動距離はステップよりもやや長く、
長い回避時間に加えスーパーアーマーが有るなどガンナーツインマシンガンの
スタイリッシュロールによく似た性質を持つ回避アクションでもあります。
持続時間の長い攻撃に対してはステップよりもこちらが安定するでしょう。

シフトPAへの移行や回避、位置調整が主な用途となります。

《貫通ショット》

貫通ショット
シールド展開射撃...ファントムの中でも特に好きなモーションです。

前方にビットを展開しながら貫通射撃を行う攻撃行動です。
主にファントムマーカーの起爆に使用する行動で、ファントム武器の中では
最も範囲が狭く、射程は最も長いマーカー起爆行動となります。
つまりある程度精密なマーカー起爆に向いています。

貫通ショットの範囲は通行攻撃よりも若干広くなっており、
ガーディンを基準とした場合、通常攻撃では2体が限界ですが貫通ショットは
3体まで巻き込める程度の幅を持っています。威力面においては起爆頼りで、
貫通ショット自体の威力はおまけ程度のものです。

貫通ショットを行う際にビットからガードのようなエフェクトが発生し、
大体見た目通りのガードポイントがあります。このガードポイントを利用して
確実に狙いを定めながら起爆を行ったり、エネミーの攻撃に合わせることで
一種のカウンターのようなマーカー起爆が可能です。

【ファントムライフル向けの武器選択】

ファントムライフルは高性能な通常攻撃を多用する武器種です。
一方で、各種PA使用時の瞬間火力はそれほど高くなく、PAをダメージ目的で
使用するのではなく、範囲攻撃や設置攻撃といった特殊な行動
選択する際に使用する場面が多いです。

このため、ファントムライフルはそのPPの回収力に対して
PPを大量に消費する手段や機会が少ない武器種です。このため、PP周りを
重視する必要性はあまりなく、純粋に火力を上げる構成が良いでしょう。

静心武器
試作品ということもあってオプションは割と適当です。

予算が潤沢でクロノスが余っていて、なおかつファントムライフルをメインで
使用していきたいのであれば、アトラライフルに「S4:静心の志」を採用することで
よりPPに対する依存性を下げた上で、通常攻撃を交えた安定した火力という
長所を伸ばすことが可能になりますのでお勧めです。

なお、「S4:六色の輝秤」を採用したPP重視のライフルを使用することで
ファントムマーカー2段階起爆時に「PP100」回復する構成が可能となりますが、
基本的にソロクエストのクリアタイムは静心型のほうが速いです。
ソロマウスだと数分程度の差が出ます。

【基本的な立ち回り】

雑魚処理は攻撃範囲が優秀なクーゲルシュトゥルムをメインにして戦い、
ゾンディールなどの密集地点にはシュトラーフェを使ってギア蓄積を狙いましょう。
長射程かつ広範囲という特徴から、交戦距離自体は意識しなくても問題ありません。
肩越し視点の使用に慣れているのであれば、エネミーの配置が縦一列なら
通常射撃でまとめて撃ち抜くようにするとPPを温存できます。

攻撃時は常にエネミーの配置とそれらによる攻撃を意識して
位置調整を行い、より多くのエネミーを巻き込む位置取りと攻撃選択
行えるようになることがファントムライフルの理想です。

対ボス戦闘においては継続的にダメージを与えることを重視し、
慣れないうちはナハトアングリフを無理に当てに行くよりは通常攻撃を
確実に当てるようにする方が良い結果になることが多いです。

ナハトアングリフはほぼ外れない場面でのみ使用するようにして、
多部位のボスにはシュトラーフェを切らさないように使用し、マーカーが貯まり次第
マーカー起爆を繰り返しましょう。この時も肩越し視点が使えると便利です。

対ボスでのファントムライフルはマーカー起爆の回転率の高さと
ある程度精度の高いマーカー起爆を行える点が強みです。また、Eトラなど
複数体のボスが同時に出現する場面においても、ファントムライフルは複数体を
まとめて削るように動くと他の武器種よりもダメージ効率が良くなります。

対象の数が多かったり動きが激しいボス戦においては有効な武器種で、
高い回避性能はそういった場面で有効に働きます。逆にそうではない場面では
他の武器種に持ち替えることも検討してみましょう。
苦手分野が少ない武器なのでそのままでも最低限は動ける武器ではありますが。

【まとめ】

ファントムライフルは安定した火力を発揮できる武器種です。

瞬間火力はぱっとしない武器種となりますが、それ以外の要素では
これといった短所はなく、操作量の多さにさえ慣れてしまえば殆どの場面で
活躍できるだけの性能を持っています。

また、全体的に肩越し視点での使用も配慮されているようなところが
多々見られ、肩越しに慣れていると幅が広がる武器でもあります。

ファントムライフルとして使用する武器は長所を伸ばしつつも
短所を補うことができる攻撃重視の潜在およびオプションが向いています。
これはファントムライフルがあまりPPに依存していないことが理由です。

ファントムライフルの基本はこのあたりで……次は各種PAの解説を行う予定です。

以上、ファントムライフルの基本編でした。

別窓 | 雑記 | コメント:3
∧top | under∨
<<ファントムライフルのすゝめ - 実践編 | Mad Laboratory | ファントムのイル・グランツは本当に強いかどうかの確認>>

この記事のコメント

やっぱさわらないとわからないことってあるんですね。
私はファントムが性に合わないことがわかりました。解説みてもへー、ふーんって感じで...。いろいろできて面白そうとはいつも思います。
2019-05-26 Sun 08:31 | URL | 8鯖 #- [内容変更]
 PHのARの難しさはDOT2種、地雷を置いてからの行動でしょうね。
 あれ何をすればいいんだ。このように思う人が多いはず、その次に通常うってるけどこれでいいのだろうかみたいな。
 レーザーは若干遅延攻撃なので通常と被せることもできるはずなのに、乱戦の中の横レーザーじゃなく、いざ縦をやろうとするとむずかしい。
 ここでしょうね。
 
2019-05-26 Sun 14:52 | URL | テンパ10603 #S7qNvXQM [内容変更]
>8鯖さん

ファントムライフルは細かい所に長所や注意点が散らばっているので
触ったばかりだと何をすれば良いのか分かりにくい武器ではありますね……
火力面でもそうですが好き嫌いは分かれやすい気はしています。

かくいう私も苦手な武器は色々とあって、ツインダガーやデュアルブレード
といった相手に張り付きつつ手数で戦っていくタイプの武器種はかなり苦手です。
あとはパルチザンのヴォルグコンボも使い分けが中々難しくて不慣れなども。

>テンパ10603さん

ライフルは設置などのビット系のPAを使った後は確かに悩まれそうです。
通常攻撃の性能が全武器種で見ても高い方(PAよりもペット通常攻撃に近い)
ということを知らない内は戸惑いやすそうです。

通常フェアブレッヒェンはファントムライフルPAの中でも
特に難しいPAだと思います。単純な当て方だけならナハトアングリフの方が
難しいですが、フェアブレッヒェンは使い所の見極めと入力のシビアさ
といった要素で難しいPAでした。対ボスで使うにも部位の吸い込みの
影響を大きく受けたりと性能は良いのですが難易度高めで。

シフトクーゲル即派生と通常フェアで使い分けになりそうな感じがしています。
2019-05-27 Mon 20:51 | URL | フィーネ #jVHjcq8A [内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| Mad Laboratory |