スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

緊急メンテナンスとロールバックに関する小話

今日は新レイドと★15武器の実装日……ということで
アップデートを大変楽しみにしていたのですが緊急メンテナンスとの事。
アイテム回収系のメンテナンスのため、かなり時間を要しそうです。
日付が変わっている?何のことでしょうか。


緊急メンテナンス告知
この手の回収作業はする側にはなりたくないものです。

さて、今回はアイテム回収が必要なタイプの緊急メンテナンス
ということで、ロールバックに関する小話をいたしましょう。

【ロールバックとは】

ロールバックとは、オンラインゲームの場合はゲーム内データを
特定の過去の日時に復元する作業のことを指します。大抵の場合は
定期メンテナンスの開始日時に巻き戻されます。

作業内容としてはそれほど大きなものではありませんが、
この作業によって生じる弊害は莫大なものとなります。基本的にはアップデートによって
致命的な不具合が発生した際の最終手段として選ばれるものとなりますが
ゲームの運営側はロールバックを回避するように努めます。

大きな不具合が発生した時、ユーザーからロールバックを望まれる声は
少なからずあったりはするのですが……ロールバックすることによる影響を考えると
他に解決策があるのであれば絶対に避けたほうが良い解決策です。

近年では実際に行われることは非常に稀と言えます。

【ロールバックによる弊害】

・アイテムの補償問題

ロールバックは特定日時以降のゲーム内での出来事が
まさしく「なかったこと」にしてしまうもの。ユーザーにとって良いことも悪いことも
等しく全てなかったことにされてしまうという所が大きな問題です。

つまり、ロールバック前に特定の希少なアイテムを獲得したユーザーは
その幸運をなかったことにされてしまいます。そしてロールバックが行われてしまうと
それに対する補償が極めて難しいものとなります。

一体どこまでのレアリティのアイテムを補償対象とするのか
という線引が極めて難しいです。そしてそのアイテムをロールバック直前の状態に
完全な形に復元できるのかという問題が更に生じ、場合によってはその調査に
膨大な時間を要する可能性が生じます。

そしてその復元は過不足も一切ない状態で、補償対象となるアイテム
全てに行わなければならないことから想像以上の労力が必要になってしまいます。
これが現実的ではないことが多々あるため、復元されることはあまりありません。

もちろん悪かったこともなかったことにされるのですが
良いことばかりではないのです。

・ユーザーの安心感を損ねる

ロールバックはユーザーへの損害も大きい作業です。
ゲーム内データがなかったことにされる可能性が少なくない環境は
ユーザーのゲームへの意欲を大きく削いでしまいます

全くの無にされてしまう状況で頑張ってプレイしようとは思えませんから。

頻繁なロールバックは少なくない数のユーザーの離脱を引き起こしますし、
その前例が多ければ多いほどユーザーが定着しにくくなってしまいます。

・決済関連の問題

ゲーム内のロールバックそのものは比較的簡単なのですが
ゲームサーバーと決済システムのデータベースは完全にリンクしていません
このため、ロールバック期間中に生じた決済はゲーム内においては
なかったことにされますが、決済システム上ではそうはいきません

つまり決済は行っているのに商品が提供されていない状態となるため、
この状態の解決を図る必要があります。これはお金と法律が絡む問題ですから
絶対に対応しないといけませんが、これらの確認作業が極めて大変です。

最近ではアイテム課金を導入しているゲームが多いですし、
電子マネーやクレジットカードといった非常に多くの決済手段が存在ます。
ロールバック対象になってしまったアイテムの特定に加えて、いくつもの決済サービス
とのやり取りを行わなければならず、ゲーム運営部署のみならず経理部署まで巻き込んだ
膨大な業務が発生してしまい、多くの時間を費やす羽目になります。

そしてどちらかというと決済サービスとのやり取りのほうが大変です。

返金対応自体は企業としては特に問題はないのですが
そのために必要な手続きが物凄く大変になってしまうわけですね。


こういった事情があって、運営側はロールバックを避けるものです。
安易に行おうとする会社があるとしたら、ある意味勇者です。
でも尊敬はしません、驚愕しますし呆れます。


【アイテム回収作業の是非】

この問題に対してとある場所で回収の必要あります?
アイテム配布すれば良いじゃないですか……という内容の意見を見たのですが


良いわけがないです。


まず、全員に対して配布すれば良いとの主張なのですが
それを行う前に多くの問題を解決しなければいけません。

[配布対応を行う際に解決を要する主要な問題]

1.不具合により問題のアイテムを獲得したユーザーを配布から除外する必要がある
2.不具合修正後、問題が発生した称号を削除する必要がある
3.配布を行った後、作成されたアカウントでのアイテム獲得手段を用意しなければならない


問題1の解決自体はまあ簡単だとは思います。
問題のアイテムを獲得している履歴を照会するだけでいいでしょうし。
そして問題2は称号を達成していてもアイテムを獲得していないアカウント
存在する可能性がありますから、二重獲得を防止ために対応が必要です。

問題3は問題2の解決のために正規のアイテム獲得手段が失われている状況により
発生する問題です。配布対象となったアカウントでは獲得不能でなおかつ恒常的な
アイテム獲得手段を用意する必要が生じます。

特に問題3の解決が難しいため、配布という対応はまず無理でしょう。

他の解決方法としては、問題の称号を削除せずに
称号達成条件の変更を行うというアプローチもあるのですが、この方法だと
不具合の発生原因次第では「不具合で称号を達成できた条件」と
不具合の対応のために変更した条件」が一致しない可能性があります。

こうなると、本来条件を達成できていないはずのアカウント
称号を達成できてしまっているという根本的な問題が解決できません。
結局不公平が発生してしまうのです。

とはいえ、問題の称号を完全に無条件で達成できるようにすると
ゲームを始めたばかりのひとでも達成できてしまいます。うっかり★15用の
アイテムを受け取ってしまうと、当分使い道のないアイテムを所持することに。

アイテムパックや倉庫を1枠潰す程度であればまだマシで、
最悪の場合何も知らずにアイテム捨ててしまったり必要になった頃にアイテムの
所在が不明になるといった困った事故が予想されます。

無条件にすることで新規の人が困る羽目になり
条件を変更する対応では根本的な問題が解決せず……
問題が雪だるま式に増えていく状況に陥ってしまいます。
(条件は設けるものの条件が緩くした場合も前者に似た問題を起こしかねません)

つまり、アイテム回収したほうが色んな意味で平和でしょう。

回収する術がないのであれば話は別なのですが……
回収を行わずに様々な問題が発生してしまうのであれば回収して
しまったほうが後々余計な問題が起きません
私が挙げた問題は実際には氷山の一角に過ぎない可能性が高いですし。

アイテムを回収せずにあらゆる問題の解決を図るよりも
素直に回収したほうが早いというオチすら有り得ます……

【まとめ】

ゲームの運営側は普通ロールバックを避けます。

これはアイテムの復旧や決済上の問題、場合によっては
訴訟につながりかねない上にロールバックを行うことで発生してしまう
業務量が膨大な点にあります。

ロールバックはその後の影響を考えると安全どころか極めて危険です。

また、アイテム回収が必要な問題に対して
アイテム配布や仕様の変更を行うと更に問題を起こしてしまうので
素直に回収したほうが良いです。余計なことはしちゃだめです。

こういった問題が発生した事自体は残念なのですが
起きてしまったものは仕方ありません。

テストサーバーにLIVE環境と同環境でのプレイ状況のキャラクターを
用意していないと発生せず、そういったキャラクターがテストに使用されていなかった
というのが恐らくの発生経緯ですが……デバッグ用機能やらあれこれの影響もあり
ユーザー環境と同一のキャラクターって管理や維持が大変だったりしますから
称号系の不具合は恐ろしいものです。


意外と長くなりましたが本日はこの辺りで。
それでは御機嫌よう。

別窓 | 雑記 | コメント:3
∧top | under∨
| Mad Laboratory | 領域調査:異世界の残滓に関する考察>>

この記事のコメント

緊急前に気づけてなかったら余計に大変でしたね。その点、今回は素早く発見し、緊急メンテナンスまで移行したと思いました。
リターナーの時よりはずいぶん進歩したと思いました。
2018-12-20 Thu 08:55 | URL | 8鯖 #- [内容変更]
トライブースト100%数個て、いい加減止めてほしいですね。せめて150%くらい上げてほしい。
2018-12-20 Thu 11:43 | URL | はに丸 #- [内容変更]
>8鯖さん

緊急メンテナンスへの移行が早ければ早いほど影響範囲は
狭まりますし、対応の速さからそれなりに深刻な問題と捉えて緊急
メンテナンスに踏み切ったものと思われます。

※アイテム回収は細かいところになってくるとどうしても手作業になる
 箇所が出てきますから、回収が終わるまでアカウントの停止を受けてしまう
 アカウントが発生するなど……対応が遅れると酷いことになります。

緊急対応の速さは運営部署の経験に依存しますから、
過去の問題は少なからず教訓になっているのでしょう。

>はに丸さん

補償アイテムの選定って割と難しいものかと思います。

トライブーストの内、主に使われているものがイベントなどによる
配布数が多い100%でしょうし、125%などはSG販売を行っていることから
反感も含めて扱いづらく、150%はあまり配布されることがないものですから
効果時間終了手前の更新が面倒だったり使う機会が難しかったりと
不便なところがあるアイテムでした。

今あるアイテムの中だと、一番扱いやすくて無難な位置づけが
トライブースト100%なのかと。そろそろ別の補償用のアイテムを作っても
良いのではと思わなくもないのですが、人によってはトラブの方が良かった
という意見が出る可能性も十分ある気がします。

万人に需要があって丁度いいアイテムは案外限られるものでした。
2019-01-17 Thu 02:54 | URL | Fine. #jVHjcq8A [内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| Mad Laboratory |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。